はじめてみませんか?【マインドフルネス瞑想と禅】その効果と3つの利点‼

【※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています】


目次

1. マインドフルネス瞑想と禅


この記事は、
「マインドフルネス瞑想と禅の違い」について話しましょう。

これらはどちらも人気のある瞑想法ですが、
それぞれの特性と目的が異なります。

それでは、一緒に詳しく見ていきましょう。

1-1 マインドフルネス瞑想とは?

マインドフルネス瞑想は、現在の瞬間に意識を集中させる瞑想法です。

自分の感情や思考、体の感覚に気づき、
それらを判断せずに受け入れることを目指します。

マインドフルネス瞑想とは、
一言で言えば「今ここ」に意識を集中する瞑想法です。

過去のことや未来のことを考えず、ただ今を生きる。

それがマインドフルネス瞑想の基本です。

マインドフルネス瞑想により、ストレスの軽減、集中力の向上、
幸福感の向上など、多くのメリットがあります。

自分の感情や思考、体の感覚に意識を向けることで、今の瞬間に集中します。

これにより、過去の後悔や未来の心配から解放され、
今ここの瞬間を最大限に生きることができます。


1-2 禅とは?

禅は仏教の一派であり、瞑想はその中心的な実践です。

禅の瞑想は「座禅・坐禅」とも呼ばれ、
自己の本質や宇宙の真理を理解することを目指します。

これは、深い自己理解と啓示を追求するための道です。

禅の瞑想は、心を静め、日常の喧騒から解放されることを目的としています。

内面の平和や洞察を増進し、現実と一体感、
ことの本質を直接感じ取るが期待されます。

長期的には、自分という限界を超え、
真の自己や宇宙と一体感を経験することもあります。


2. マインドフルネス瞑想と禅の主な違い

それでは、マインドフルネス瞑想と禅の主な違いについて見ていきましょう。

まず、目的に大きな違いがあります。
マインドフルネス瞑想は、現在の「今ここ」に集中し、
自分の感情や思考を判断せずに受け入れることを意識します。

一方、禅は自己の本質や宇宙の真理を理解することを目指します。
また、実践方法にも違いがあります。

禅は仏教の核心的な教え、
告げ「悟り」を得るために特化した実践として発展してきました。

特に、言葉や論理を超えた直接的な経験を重視しており、
これが禅の特有ともいえる特徴となっています。


仏陀自身が樹の下で瞑想し「悟り」と伝えられているので、
瞑想は仏教の中心的な実践として受け入れられてきました。

マインドフルネス瞑想は、椅子に座ったり横になったりと体の位置は自由です。

一方、禅では特定の姿勢で座ることが重要とされています。

マインドフルネス瞑想は誰でも簡単に始めることができますが、
禅は一般的には指導者や経験者のアドバイスが必要かと思います。

3. マインドフルネス瞑想がもたらす3つの利点

マインドフルネス瞑想をはじめることで、得られる利点があります。

マインドフルネス瞑想を習慣化して継続することにより、
その効果が実感できてくるでしょう。

3-1.ストレス軽減・健康維持・向上

マインドフルネス瞑想はストレスを軽減します。

現代社会は情報過多で、私たちの心は常に何かに追われています。

マインドフルネス瞑想を行うことで、心に余裕を持つことができ、
ストレスを軽減することが可能です。

マインドフルネス瞑想は健康維持・向上にも効果が感じられます。

ストレス軽減や集中力向上はもちろん、心身のリラクゼーション効果もあり、
全体的な健康状態を向上させることが期待できます。



3-2.集中力の向上

マインドフルネス瞑想は集中力を向上させます。

一つのことに集中することは、仕事や学習において非常に重要です。

マインドフルネス瞑想は、その集中力を鍛える効果があります。



3-3.自己理解の深化

マインドフルネス瞑想は自己理解を深めます。

自分自身の感情や思考を静かに観察することで、
自分自身を深く理解することができます。

特に深呼吸を鼻から吸ったときに鼻孔を通る空気を感じ、
肺・お腹まで空気が流れ込み、
吸った空気をゆっくりと吐き出す。

一連の流れに深く意識を向けることにより、
あなたがこの世に誕生してから、
一度も休むことなく呼吸をしてきたこと、
ずっと心臓が動き続けてきてくれたことなど、
自分の身体に「ありがとう」の感謝の気持ちや、
理解を向けられるでしょう。

4. はじめてみませんか?マインドフルネス瞑想

では、どのようにしてマインドフルネス瞑想を始めれば良いのでしょうか?

基本的には、一人きりになれる静かな場所を見つけ、
椅子やソファ・床にあぐらで座り、
目を閉じるか、2メートル先を半眼で見つめる。

深呼吸をしながら自分の呼吸に意識を向けることから始めます。

始めは5分から始めて、
徐々に時間を延ばしていくと良いでしょう。

あまりに長い時間瞑想をしてしまうと、
脳の思考力が低下してしまいますので、
30分以内での瞑想をオススメします。

4-7-8の呼吸法解説

代表的な呼吸法です。
この呼吸法はよく「リラキシング・ブレス」とも呼ばれ、
アンドリュー・ワイル博士などが紹介しているものです。


特定のリズムでの呼吸は、
古代からの呼吸瞑想やプラナヤマ(ヨガの呼吸法)の伝統に基づいています。


呼吸を止めることやゆっくり長く吐くことに、
負荷がかかるときは無理をしないでください。


まとめ

マインドフルネス瞑想と禅は、
それぞれ異なる目的と方法を持っています。

マインドフルネス瞑想と禅のどちらを選ぶかは、
あなたの目的や好みにより変化します。


ストレスの軽減や集中力の向上を求めるなら、
マインドフルネス瞑想が良いでしょう。

一方、深い自己理解や啓示を追求するなら、禅が適しています。

どちらの方法も、心の平和と調和を促進する素晴らしいことです。


マインドフルネス瞑想や禅を習慣化することにより、
あなたの人生の旅が、より豊かで充実したものになることを願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイクが好きな、40代のオヤジです。

令和5年度に自営業(建築・バイク)を廃業してしまいました。

また、同時期に治らない病がみつかり、メンタルはドン底...

でも、ぽっくり逝かずに余命があることに感謝しています。

この病にかかるまでは、
自分の「死」につて真剣に向き合うことをしてきませんでした。


わたしをドン底から救ってくれたのは子供たちの存在と、
1冊の本との出会いでした。

不良少年がそのまま大人になったわたしには、
マンガ・雑誌・小説・以外の本を読むことなど無縁でした。


わたしを救ってくれた本を読み終えたときには涙が溢れ出ていました...


その日から、
わたしの見る世界は変わってしまいました。



毎日、「今ここを生きる」マインドフルネス瞑想を習慣にしています。


心理学とマインドフルネス瞑想の観点から、
自分の人生に悩んでいる人・困っている人・副業・好きなことを仕事にしていきたい人を、
個別にサポートをする相談をしています。



わたしの経験が、
誰かの救いになればと思っています。

目次