【マインドフルネス瞑想とマントラの呼吸法】で心の平和を手に入れる方法

【※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています】

目次

マインドフルネスとは何か?

こんにちは。

この記事では、心の平和を手に入れるための方法を身につけられます。



それが「マインドフルネス瞑想とマントラの呼吸法です。」



マインドフルネス瞑想とマントラの呼吸法を知らない人のために、
かんたんにお話ししたいと思います。




また、マインドフルネス瞑想を知っている人で、
マインドフルネス瞑想をやってみたが、
三日坊主で挫折してしまう人にオススメのマントラ呼吸法を試してほしいのです。


質問する女性

マインドフルネスとは?




瞑想の一種で、自分の心と体に意識的に注意を向けることで、
「今ここ」に意識を集中させます。


呼吸に意識を向けると、
それまで自分の外側にばかりに意識が向いていたことに気づきます。




意識を自分の内側に向けることで、
思考がクリアになったり、ストレスや不安から解放されます。


マインドフルネス瞑想を習慣にできれば、
リラックスした状態で、感謝・ありがとう・幸せな気持ちを、
毎日感じることができるでしょう。




マインドフルネス瞑想が、
幸福感を向上させることが脳科学的にも証明されています。


マインドフルネス瞑想の方法

では、具体的にマインドフルネス瞑想はどのように行うのでしょうか?




まず、静かで落ち着いた場所を見つけ、座るか横になるかしてください。




次に、深くゆっくりと呼吸をし、その感覚に集中します。




息を吸い込むとき、息をはき出すとき、それぞれの感覚に注意を払います。


あなたの思考が他のことに移ったら、ただ優しくそれを呼吸に戻しましょう。




これは、「今ここ」に集中する練習です。



思考はただ通り過ぎていく雲のようなものだと考えてみてください。



個人差もありますが、人は脳内で1日に6万回も思考をしています。




呼吸から意識がそれてしまうことはごくごく自然なことですので、
難しく考えずに、ただ呼吸に意識を向けてみましょう。

マントラの呼吸法「アーハム」「ソーハム」とは?

次に、マントラの呼吸法について説明します。



これは、呼吸とマントラ(繰り返し唱える言葉やフレーズ)を組み合わせた瞑想法で、
心を落ち着け、集中力を高めるのに役立ちます。


このマントラの瞑想法を行うには、


まず深く息を吸いながら(アー)
ゆっくりと息をはき出しながら(ハム)を声に出さなくてよいので、
アーハムを意識しながら唱えてみてください。





マントラは何でも構いませんが、
よく教えられているもっともスタンダードな
「アーハム」「ソーハム」




「平和」や「愛」などのポジティブな三文字の言葉を選ぶことをオススメします。




マントラの呼吸をしていると、
思考があちらこちらに移らずに呼吸に意識が向きやすくなりますので、
呼吸に集中できないくて、瞑想の時間が無駄に思えてしまう人は、
マントラの呼吸法を試してみる価値があります。


⇩あわせて読んでほしい呼吸法⇩



心の平和を手に入れる

これらの瞑想法を日常生活に取り入れることで、
心の平和を手に入れることができます。




それは、1日5分から始めるだけで十分です。




時間をかけて練習を重ねることで、
その効果はより大きく、より自分自身を知ることとなります。


わたしたちは皆、忙しい日々を送っていますが、自分自身と向き合い、
心の平和を追求する時間を持つことは非常に重要です。




バタバタと忙しくしているときにこそ、
一呼吸することで心を落ち着かせ、
ミスを未然に防げることもできるのではないでしょうか?





マインドフルネス瞑想とマントラの呼吸法は素晴らしいツールです。


この瞑想法は、自分自身と向き合い、
心と体の両方に平和とリラクゼーションをもたらすのに役立ちます。




それぞれの方法を試してみて、
あなたにとって最も効果的なものを見つけられるでしょう。




マインドフルネス瞑想をすることで、小さな幸せに気づいてください。





小さな幸せを感じられるようになれば、
毎日、少しの幸せを感じられるようになりますし、
マインドフルネス瞑想が幸せの習慣になっていくことでしょう。






「今ここを生きている」 幸せを感じてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイクが好きな、40代のオヤジです。

令和5年度に自営業(建築・バイク)を廃業してしまいました。

また、同時期に治らない病がみつかり、メンタルはドン底...

でも、ぽっくり逝かずに余命があることに感謝しています。

この病にかかるまでは、
自分の「死」につて真剣に向き合うことをしてきませんでした。


わたしをドン底から救ってくれたのは子供たちの存在と、
1冊の本との出会いでした。

不良少年がそのまま大人になったわたしには、
マンガ・雑誌・小説・以外の本を読むことなど無縁でした。


わたしを救ってくれた本を読み終えたときには涙が溢れ出ていました...


その日から、
わたしの見る世界は変わってしまいました。



毎日、「今ここを生きる」マインドフルネス瞑想を習慣にしています。


心理学とマインドフルネス瞑想の観点から、
自分の人生に悩んでいる人・困っている人・副業・好きなことを仕事にしていきたい人を、
個別にサポートをする相談をしています。



わたしの経験が、
誰かの救いになればと思っています。

目次