“警告‼40代男性必見!脱!悪習慣とメンタルヘルスで余命を延ばす秘訣”


【当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。】

目次

はじめに:40代男性の健康問題

こんにちは、皆さん。

今回は、40代の男性に向けた話をしようと思います。


なぜなら、この年代は生活習慣病のリスクが高まる一方で、
自身の健康に対する意識が低下しやすい時期だからです。


30代までは健康診断を受診しても、
特に問題がなかった人でも、
40代から徐々に判定結果が再検査や要検査などになるケースもあります。


しかし、適切な予防策とメンタルヘルスの管理により、
生活習慣や食事に気をつけることで、
余命を延ばすことが可能になってきます。

病気予防:生活習慣を見直す

まず最初に、病気の予防について考えてみましょう。

40代になると、体の代謝が落ちてきて、
運動不足や食生活の乱れが生活習慣病を引き起こしやすくなります。

特に心臓病や糖尿病、高血圧などは、
生活習慣の改善により予防可能な病気です。

適度な運動とバランスの良い食事を心掛けることで、
これらのリスクを大幅に減らすことができます。

メンタルヘルス:ストレス管理が鍵

次に、メンタルヘルスについて。

40代は仕事や家庭の責任が増えてくる年代でもあります。

職場での役割からプレッシャーになり、ストレスが溜まりやすくなります。

しかし、適切なストレス管理を行うことで、心の健康を保つことができます。

1人になる時間をつくったり、リラクゼーションの時間をつくったり、
趣味を楽しみ、没頭したりすることで、
ストレスを適切に発散させることが重要です。

習慣:悪習慣を断つ

次が重要な項目です。
悪い習慣を辞めることが健康への近道と言ってもいいほどだからです。

  • タバコをやめる。
  • 酒をやめる。
  • お菓子をやめる。
  • カップラーメンをやめる。
  • 運動をしない生活をやめる。
  • 濃い味をやめる。
  • 短時間睡眠をやめる。などなど 

悪習慣は潜在意識にすりこまれていて、習慣化されているケースがあります。


晩ご飯の後に、すぐお菓子を食べはじめる。
ご飯をつまみにお酒をどんどん飲む。
ご飯の後にタバコを吸いに行くなどは、あれをしたときに○○する。


行動ルーティンの後に悪習慣があるので、いきなり辞めるのも良いのですが、
ストレスにならない程度に、量を減らしながら悪習慣を断ってください。


悪習慣は自分で自分の寿命を減らす行為だということを、
マインドセットしてください。


まとめ:健康的な生活を送るために

40代の男性が健康的な生活を送るためには、
病気の予防とメンタルヘルスの管理が不可欠です。


適切な生活習慣とストレス管理を行うことで、健康的な生活を続けていくことで、
余命を延ばすことが可能になります。


皆さんも、今日から少しずつでも良いので、
自身の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?




あなたを1番愛してくれる人は、他の誰でもない
あなたしかいないのです。
自分に感謝し、生きる喜びを満喫してください。




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いいたします。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バイクが好きな、40代のオヤジです。

令和5年度に自営業(建築・バイク)を廃業してしまいました。

また、同時期に治らない病がみつかり、メンタルはドン底...

でも、ぽっくり逝かずに余命があることに感謝しています。

この病にかかるまでは、
自分の「死」につて真剣に向き合うことをしてきませんでした。


わたしをドン底から救ってくれたのは子供たちの存在と、
1冊の本との出会いでした。

不良少年がそのまま大人になったわたしには、
マンガ・雑誌・小説・以外の本を読むことなど無縁でした。


わたしを救ってくれた本を読み終えたときには涙が溢れ出ていました...


その日から、
わたしの見る世界は変わってしまいました。



毎日、「今ここを生きる」マインドフルネス瞑想を習慣にしています。


心理学とマインドフルネス瞑想の観点から、
自分の人生に悩んでいる人・困っている人・副業・好きなことを仕事にしていきたい人を、
個別にサポートをする相談をしています。



わたしの経験が、
誰かの救いになればと思っています。

目次